たいへん簡便に使用できるカードローンですが、忘れてしまってはいけません、企業は収益を立てるために利率を掛けているという点です。お金を貸すのはクレジットカード会社なので当たり前のことですが、ローンの利率はたいへん高いです。グレーな利息が使われていた時代は29.20%などといった、高い金利で契約していました。おまけにその頃は総量規制と言ったものはなかったので恐ろしい勢いで貸し出していたというわけです。そうして破綻者を作りだしたので自己破産する消費者が急増してしまったのです。こうして総量規制といったものによって結局のところ業者自らの退路を断つようなことになってしまったのです。話を戻しますが今でこそ金利は低い金利になってきましたがそうだとしてもその他のローンと比較して高いことには異論がないと言えます。借りるお金の額が少ないのでしたらそれほど大きな負担には感じないかもしれませんが大きい金額の借金をしてしまうと、金額によって支払い月数も長くなります~、利子を支払う額が相当な数字となってしまいます。実際、計算機で算出したら最終的にかなりの金額を返済に充てていることが理解できると思われます。こうした内容を当たり前だと思うのかあるいは損をしているように考えるのかは人によりますが私の場合はこのくらいのキャッシュがあればいろんなものが購入できるのにと考えてしまいます。こんなにもの利子を支払いたくない場合は切りつめて返済期間を短くするようにしましょう。ほんのわずかの額でも繰り上げて支払をしておくことで引き落し回数を少なくすることができます。何の必要もなく借りるような人はいません。必要に迫られて借金するわけですからあとは引き落しをわずかでも短くするといった工夫が必要なのです。より余裕がある際には前倒しで支払をして早い目の支払をするようにしましょう。