自動車事故に巻き込まれた際自身が事故の被害者であったとしても、事故を起こした人が非を全く受け入れないという事はかなり多く聞くことがあります。

ひとつの例として、わざと起したのではなく注意が足りなくて乗用車を追突した際にこういう口論に結果なってしまう場面があるのです。

とは言ってもそこで物損と対応されて何ヶ月か後に自覚症状が出てから病院の証拠となる診断書警察に出すのでは後手に回る感はしょうがなくなってしまいます。

そうであるならば、車での事故の過失割合はどんな風な認定基準が決まっているのでしょうか。

細かく申し上げますと、警察が結論付けるのは車での事故の大きなミスが考えられるのは関係したドライバーのどちらかという事柄であり過失の割合というわけではありません。

さらに、明確にされた事故の過失者が警察からはっきりする事は事は全くありません。

従って、どちらに何割過失があるのかは事故にあった両者の交渉の結果で決められ、この結果が損害賠償額の基準となる訳です。

この場面で、双方共に任意保険に加入をしていなかった場合には当事者がじかに交渉を余儀なくされます。

だけど、そういう交渉では、非論理的なやり取りになるケースが多いです。

この上、互いの言い分が食い違えば下手をすると、裁判での争いにまでもつれ込みますが、それは長い年月とコスト膨大な負担を避ける事ができません。

このため概ね、各々の人についている自動車保険会社、そういった双方の会社に話し合いを全て任せる手段を使って、相応しい過失の割合がどうなのかを冷静に決定させます。

この時自動車保険の会社は、それまでの車での事故の事例の判定から計算した判断材料、判例集などを土台として、予想と協議をしてどちらに何割過失があるのかを算出します。

と言っても、事故のケースでは不幸にも関わってしまったのか他者を巻き込んでしまったのかによらず第1に警察を呼ぶのが重要です。

その上で、自動車の保険会社に電話をしてこれから先のやり取りを任せるのが手順となります。

正確な順序さえ知っていれば、互いの無益な話し合いとなる事を回避できるに違いありません。

  • Copyright © 2012 www.mggraphics.org All Rights Reserved.